マンションのネット事情

マンションのネット事情

最近建てられたマンションのほとんどが・・・[男性 61歳]

最近建てられたマンションのほとんどが、インターネット環境を備えたものとなっています。
これは、賃貸先をお探しの方の要望に応える条件の一つで、インターネット環境が整えられているのか、いないのかでは、契約に繋がる確率も大きく違ってくる為だと思われます。とは言っても、契約者がどのように使えるのか、その負担額については、マンションのオーナーさんの考え方次第となりますので、インターネット環境完備と謳っていても、具体的にどのようなものなのかは、事前にしっかりと確認すべきだと思います。
現在では主流となっている、そして回線速度がとても速い光ファイバーなの、ADSLとなっているのか。単にマンションの各部屋にLANケーブルの差込口が引いてあるだけで、利用する際の契約は利用者本人負担となるものなのか、それともマンションオーナーの判断で、管理費といった形で既にマンション全体としての契約がなされており、その利用負担がオーナー持ちとなっている等など、様々なマンションのインターネット環境が考えられますので、インターネットを利用する予定のある人は、契約前の確認ポイントの一つとしてチェックすべきだと思います。

毎年、3月4月が近くなるにつれて増えてくる・・・[男性 29歳]

毎年、3月4月が近くなるにつれて増えてくる、分譲マンションの竣工ラッシュ。リーマンショック以降は、建設が控えられマンション建設もストップという、悲しいことが起こった。
私は、個人的に不動産の中でもマンションが好きだ。その会社のマンションデザインや風景やブランド、最新式の設備など「現実=今」の旬をトレンドとして取り入れた部屋など、目で楽しみたいからだ。
私達の生活の身近にある、スマートフォンやipadなどインターネット環境なくして使えない電気機器が多数あると思う。私もあれよあれよという間に、1台2台と増えていった。近年マンションで多く導入されてきているのが、入居した時からすぐに光回線を開通できるよう、事前に部屋に無線LAN等を置く「初期環境」に力を入れている通信業者が多くなった。
事前にオーナー負担で竣工前に室内に設備を取り付けて、電話1本ですぐにインターネットが使えるスキームだ。ネット事情は、仕事に携わっていつも感じるが、とにかくスピード感が早く、ネット環境をいかにストレスフリーで提供できるかどうか、業者は常に模索している様子だった。
Copyright (C)2016マンションのネット事情.All rights reserved.